FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トイレの豆知識】イタリアにも和式便器が? 

こんにちは、satokinaです。

イタリアのトイレ事情については以前にも書いたのですが、今日はイタリアで時々見るちょっと
変わった便器についてお届けしますね。

イタリアに来て、トイレ事情の悪さにガックリした人も多いと思います。

汚いトイレが多いし、外出先でトイレを見つけるのに一苦労だし、なぜか便座のないトイレがたく
さんあるし、観光地などではトイレに入るのにお金を払わないといけないし・・・・

などなど、日本と比べるとビックリするような事がたくさんあるのですが、イタリアに来てしばらく
経った頃に初めて見てビックリした便器がありました。

それが、これ↓

b0134762_22405842.jpg



日本の和式便器のように見えるのですが、イタリアでは「トルコ式」と呼ばれている物です。
ほとんどのトイレで洋式便器のイタリアですが、たまーにこの便器に出会う時があります。

使い方(?)はと言うと・・・・

日本の和式便器は壁の方を向いて使用するのに対して、こちらはドアの方を向いて使用する
だとか。

もちろん壁の方を向いて使用してもいいのですが、何かおかしい感じがします(笑)

イタリアで入ったトイレでこの便器に出会う事があるかもしれません。
そんな時は、「あぁ、あのブログに書いてあったのはこれか!」と思い出してくださいね。



スポンサーサイト

【トイレの豆知識】正しい(?)トイレの使い方 

イタリアに来てビックリした事は、トイレが少ない。そして汚い!
便座のない便器などにもよく出会います(笑)。
観光地などでトイレを探しても、なかなか見つからないことも‥‥。
旅行中にトイレを探して時間を無駄にした、なんてことがないように、トイレの上手な
使い方(?)を紹介します。

b0134762_5521955.jpg


イタリア旅行中は、レストランに入ったときやトイレの看板を見つけた時には行ってお
いた方が賢明。
後で行きたくなってしまっても、なかなか見つからないことがあるからです。
急に行きたくなってもすぐには見つからないのがイタリアのトイレ。
そんな時は、近くのBAR(バール・イタリアのカフェ)を探して飲み物を頼み、トイレを
貸してもらいましょう。
(小さなBARではトイレのない所もあるみたいなので注意!)

ヴェネツィアなどの観光地では、公衆トイレは有料です。
入り口に人がいて、お金を払って入るところや、入り口が駅の改札のようになっていて
お金を入れると入り口が開くところなどがあります。
(値段は50セント~1ユーロぐらい)
有料のトイレはキレイな所が多いですが、無料の公衆トイレは汚いところも多いので、
「キレイなトイレしかイヤ!」という人には有料のトイレがオススメです。

高速道路のサービスエリアのトイレは無料ですが、入り口に人がいたりお皿が置いて
あったりして、チップを入れるようになっているところが多いです。
最近はどこのトイレに入ってもなかなかキレイに掃除されています。
(便器に便座がなかったりしますが(笑))

その他にも有料ですが、箱のようになっている無人のトイレがあります。
自動販売機のようにお金を入れると、入り口のドアが開きます。
中からドアを開けるときにはドアの近くにあるボタンを押すと自動的に開きます。
人が入る度に自動的に洗浄、消毒されるので清潔ですが、床が水浸しになっているこ
とが多いので注意!

日本とはだいぶ違うイタリアのトイレ事情。
「行きたいのに見つからない‥‥」なんてことがないように、行ける時に行っておいて
くださいね~!

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 イタリア旅行へ行く前に見るブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。