FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【交通機関の豆知識】列車に書いてある数字って? 

イタリアで列車に乗る時に注意してもらいたいのが、「1等車、2等車」の区別です。

1等車の切符は当然2等車の切符よりも高いので、2等車の切符を持っているのに間違えて1等車に乗ってしまうと、車掌が検札に周ってきた時に罰金を取られてしまうことがあります。

ユーロスターやインターシティなどの急行列車の場合は座席番号が決まっているので、列車にかかれてある車両番号と、座席番号を探してもらうと問題ないのですが、ちょっとややこしいのがレッジョナーレ(鈍行)。
(時刻表には「R」と書かれています)

鈍行に乗る場合は、座席指定がないので切符を買って空いているところに自由に座れるのですが、鈍行にも1等車があるんです。

車両の横には通常1や2の数字が書かれているのですが、これが等車の数字になります。

image120.jpg


1と書かれている車両は1等車なので、普通に切符を買った場合は必ず2等車の車両内に座るようにしてくださいね。

特に混んでいると、車両を移動しながら席を探す事がありますが、車両をつなぐ扉にも1や2の数字が書いてありますのでお間違いなく!

ちなみに、私は1度間違えて1等車の席に座ってしまい、検札に来た車掌さんに罰金を取られました・・・(涙)

鈍行は1等車のみ検札に周ることもあるようなので、くれぐれもお気をつけくださいね!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://italiatour.blog137.fc2.com/tb.php/21-d65de1be

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 イタリア旅行へ行く前に見るブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。