スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアで注意したい病気、快適に過ごすコツは? 

【日射病】

イタリアは4月ごろでも天気のいい日はかなり暑く感じ、夏の日差しは強烈です。
日本のように湿気がないので、夏でも風のある日なら日陰に入れば涼しく感じますが、遺跡などの日陰が少ないところに長時間いるのは危険。
帽子、サングラスなどを持参し、こまめに水分補給を。
イタリアの水道水を飲む人もいるが、日本とは違い硬水なのでお腹の調子が悪くなる人も。
ミネラルウォーターを買って飲みましょう。




【疲れ、睡眠不足から来る体調不良】

日本とイタリアでは8時間(サマータイムの間は7時間)の時差があり、飛行機での移動時間も最低12時間と長いため、時差ぼけになる人も多いです。
疲れがたまり、睡眠不足が続くことによる体調不良に注意しましょう。
旅行の日程は余裕を持って組み、疲れがたまったと感じたら1日ゆっくり過ごして次の日からの旅行に備えましょう。
秋ごろには朝晩がかなり冷え込むので、風邪に注意。




【食べすぎ、飲みすぎからくる体調不良】

イタリア料理は日本人にはかなり脂っこく、レストランでの食事は野菜が少ないので、毎日レストランで食事していると食べすぎで体調を崩す可能性も。
胃が疲れてきたと感じたら、マーケットや惣菜屋さんで好きなおかずやフルーツなどを買って帰って、ホテルでゆっくり食べたり、エスプレッソの量を控えたり、という工夫をしてください。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://italiatour.blog137.fc2.com/tb.php/5-f955e73a

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 イタリア旅行へ行く前に見るブログ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。